• 印刷する

独経済、第4四半期も縮小へ 年明けにはわずかな成長=連銀

中銀のドイツ連邦銀行は20日に発表した月報で、ドイツの国内総生産(GDP)は第4四半期(10~12月)も縮小する可能性が高いとの見方を示した。年明けにはわずかな成長が見込まれるものの、回復の足取りは重いとしている。

連銀は「ロシアのウクライナ侵攻開始から続く景気悪化からの脱却は容易には進まない」と指摘。GDPが拡大に転じるのは来年第1四半期になると予想する。

特に製造業では、外需の低迷とエネルギー高騰の余波で生産低迷が続いていると説明。ただ「年明け以降はわずかな改善の兆しが現れる」としたほか、「新規受注の基調傾向からは外需が底を脱したことがうかがえる」と指摘した。

ドイツのGDPは昨年第4四半期と今年第1四半期にそれぞれ0.4%、0.1%縮小し、同国はリセッション(景気後退)入りした。第2四半期は0.1%増を確保したものの、第3四半期(速報値)は再び0.1%のマイナスとなっている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

露、欧州3行の資産接収=総額7億ユーロ超(05/21)

EV共同開発で交渉決裂か VWとルノー、経費削減目指すも(05/21)

アウディ、上汽との共同開発車を来年発売(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

独保健省、医療機関比較サイト開設(05/21)

三菱電機、スマート都市開発で独社と提携(05/21)

ミュンヘン空港に環境活動家侵入、8人拘束(05/21)

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン