• 印刷する

気候変動基金、コロナ予算の転用に違憲判決

ドイツ連邦憲法裁判所は15日、気候変動基金に600億ユーロを振り向ける内容の2021年度第2次補正予算案を無効とする判決を下した。新型コロナウイルス危機に対応する特別措置を気候変動対策に転用する政府の決定は違憲とする原告の訴えを支持した。

ドイツでは20年、新型コロナ危機を受けてドイツの憲法に当たる基本法で定められた借入金の上限を停止。問題となった21年度第2次補正予算案では、政府は同年度の借入枠2,400億ユーロの未使用分を用いて、気候変動基金向けに600億ユーロを確保した。これに対し、最大野党の中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)などは、借入金の上限廃止は新型コロナ危機に伴う経済支援が目的で、それ以外の目的では認められないと主張。憲法裁に判断を仰いでいた。

憲法裁は今回、予算は承認された年度に消化すべきで、通常の予算には組み込まれていない特別基金とは切り離す必要があると説明。政府はこのため、気候変動基金に積み増した600億ユーロを別の方法で確保しなければならなくなった。

ロイター通信によると、リントナー財務相は違憲判決に備え、財源確保の代替案を用意していると述べていた。具体的な内容は明らかになっていないが、増税は避ける方針という。

政府は8月、24年の気候変動基金からの支出を576億ユーロと、今年から60%増額することを閣議決定した。24~27年の支出は総額2,118億ユーロと、23~26年から300億ユーロ超拡大する。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン