• 印刷する

新外相にキャメロン元首相 英内閣改造、内相更迭

英国のスナク首相は13日、内閣改造を行い、ブレーバーマン内相を更迭した。後任にはクレバリー外相が就き、新外相にはキャメロン元首相が起用された。ブレーバーマン氏に対しては、親パレスチナのデモを巡り警察が左派を優遇していると主張したことで、辞任圧力が強まっていた。

スナク内閣では今回、コフィ環境・食料・農村相も辞任を表明し、後任にはバークレー保健・社会福祉相が就任。保健・社会福祉相の後任には、財務省の金融担当政務官を務めてきたビクトリア・アトキンス氏が抜てきされた。

ブレーバーマン氏は、イスラエル軍とパレスチナのイスラム組織ハマスの衝突を受け英国で行われているパレスチナ支援のデモについて、警察は右派を厳格に取り締まる一方で親パレスチナのデモで暴徒をほとんど野放しにしていると批判。最大野党・労働党は、警察の独立性を損ない分断をあおっているとして解任を要求した。与党・保守党内からも適性を疑問視する声が上がっていた。

一方、世間を驚かせたキャメロン氏の外相起用は、来年の総選挙に向けスナク氏が経験豊富な人材を求めていることの表れとみられる。首相経験者の閣僚就任は、数十年ぶりとなる。キャメロン氏は2010~16年に首相を務め、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票では残留を訴えたが、離脱が決まったことで辞任した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン