• 印刷する

GfK―NOP消費者信頼感、7月は横ばい

市場調査会社GfK―NOPが7月31日発表した7月の消費者信頼感指数はマイナス29ポイントとなり、2カ月連続で横ばいだった。同指数は過去7カ月間にわたり、マイナス29~マイナス31ポイントの間で推移。政府はさまざまなてこ入れ策を打ち出しているものの、消費者の購買意欲を取り戻すには至っていない。

GfKは毎月、約2,000人の消費者を対象にアンケートを実施。今回の調査は7月6日から15日にかけて行われた。

7月は5つのサブ指数のうち、「過去12カ月の家計状況」と「向こう12カ月の家計見通し」がいずれも落ち込んだ一方、「過去12カ月の一般的な経済状況」と「向こう12カ月の一般的な経済状況」は改善した。「大きな買い物をする意欲」は3ポイント低下している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

DHL、JLRの英国工場で2200人整理へ(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

イネオス、ダイムラー仏工場の取得巡り協議(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

英国、サウジへの武器輸出を再開へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン