• 印刷する

GfK―NOP消費者信頼感、7月は横ばい

市場調査会社GfK―NOPが7月31日発表した7月の消費者信頼感指数はマイナス29ポイントとなり、2カ月連続で横ばいだった。同指数は過去7カ月間にわたり、マイナス29~マイナス31ポイントの間で推移。政府はさまざまなてこ入れ策を打ち出しているものの、消費者の購買意欲を取り戻すには至っていない。

GfKは毎月、約2,000人の消費者を対象にアンケートを実施。今回の調査は7月6日から15日にかけて行われた。

7月は5つのサブ指数のうち、「過去12カ月の家計状況」と「向こう12カ月の家計見通し」がいずれも落ち込んだ一方、「過去12カ月の一般的な経済状況」と「向こう12カ月の一般的な経済状況」は改善した。「大きな買い物をする意欲」は3ポイント低下している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クリーンエネルギー、化石燃料上回る見通し(06/24)

トレインライン、ロンドン上場(06/24)

WPP、ポストプロダクション会社を売却(06/24)

小売売上高、5月は0.5%減少(06/24)

競争当局、FBに偽レビュー販売の撲滅要請(06/24)

HSBC、越で家庭用ソーラーパネルに融資(06/24)

スコッチの蒸留所訪問者数、昨年は過去最高(06/24)

党首選、最終候補2人決まる ジョンソン氏とハント氏が決戦へ(06/21)

EDF、フラマンビル新原発計画を再延期へ(06/21)

EU首脳、要職人事など協議 欧州委員長はEPPから選出濃厚(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン