• 印刷する

GfK―NOP消費者信頼感、7月は横ばい

市場調査会社GfK―NOPが7月31日発表した7月の消費者信頼感指数はマイナス29ポイントとなり、2カ月連続で横ばいだった。同指数は過去7カ月間にわたり、マイナス29~マイナス31ポイントの間で推移。政府はさまざまなてこ入れ策を打ち出しているものの、消費者の購買意欲を取り戻すには至っていない。

GfKは毎月、約2,000人の消費者を対象にアンケートを実施。今回の調査は7月6日から15日にかけて行われた。

7月は5つのサブ指数のうち、「過去12カ月の家計状況」と「向こう12カ月の家計見通し」がいずれも落ち込んだ一方、「過去12カ月の一般的な経済状況」と「向こう12カ月の一般的な経済状況」は改善した。「大きな買い物をする意欲」は3ポイント低下している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

スカイ買収、当局が入札方式での売却を指示(09/21)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

中国・紫金鉱業、セルビア同業に出資へ(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

小売売上高、8月は0.3%増加(09/21)

パナソニック、英インマルサットと提携(09/21)

フレンチコネクション、上半期は赤字縮小(09/21)

たばこのBAT、デュランテCEOが退任へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン