• 印刷する

7月の失業率、6.8%に上昇

連邦労働局が7月31日発表した7月の失業率(季節調整済み)は6.8%となり、前月の改定値から横ばいだった。ただ、季節調整前の失業率は6.8%と0.2ポイント上昇しており、ユーロ圏債務危機の影響がドイツに波及してきているようだ。

連邦労働局は、7月は学校を卒業した若者が一時的に失業者として登録するため、例年失業率は上昇すると説明している。地域別の失業率(季節調整済み)は、旧西独が5.9%、旧東独が10.3%だった。

失業者数は287万5,971人と6万6,866人増加した。1年前からは6万3,277人減っている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド人の2割が技術進歩での失業懸念(03/25)

ドイツ銀とコメルツ銀の合併巡り連立不和も(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値(03/25)

ボルボ・バス、インドネで新型2種を発売(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

自動車部品ZF、蘭ツーゲットゼア買収(03/25)

海運ハパックロイド、通期は32%増益(03/25)

イエナオプティック、通期は21.6%増益(03/25)

VW、中国・一汽大衆とICV合弁設立(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン