• 印刷する

7月の失業率、6.8%に上昇

連邦労働局が7月31日発表した7月の失業率(季節調整済み)は6.8%となり、前月の改定値から横ばいだった。ただ、季節調整前の失業率は6.8%と0.2ポイント上昇しており、ユーロ圏債務危機の影響がドイツに波及してきているようだ。

連邦労働局は、7月は学校を卒業した若者が一時的に失業者として登録するため、例年失業率は上昇すると説明している。地域別の失業率(季節調整済み)は、旧西独が5.9%、旧東独が10.3%だった。

失業者数は287万5,971人と6万6,866人増加した。1年前からは6万3,277人減っている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、フィンテック企業の4.9%株取得(09/20)

独瓶詰め機クロネス、ハンガリー工場が開所(09/20)

ECB、ドイツ銀の自社債買い戻しで調査も(09/20)

欧州EV電池同盟、仏に試験工場開設へ(09/20)

独ヒューブナー、ハンガリー工場を拡張(09/20)

独財務相「英の合意なき離脱は貿易に障害」(09/20)

ダイムラー、CATLから商用車電池を調達(09/20)

独、サウジへの武器禁輸措置をさらに延長(09/20)

起業支援ロケット、上半期は2倍弱に増益(09/20)

ヘラー、商用車用フルLED補助ライト投入(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン