• 印刷する

英経済、直近3カ月は0.2%縮小=NIESR

シンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は7日、英国の5~7月の国内総生産(GDP)が0.2%縮小したとの推計を発表した。エリザベス女王即位60周年で公休日が2日増えた影響が大きい。

分野別では、民間、公共のサービス業が前期比年率で共に1.2%伸びたのに対し、鉱工業は2.1%のマイナス。建設業は14.4%落ち込んでいる。

NIESRは、「2008年前半のピーク時との差は拡大傾向にある」と分析。英経済がこの差を克服しピーク時の水準を超えるのは、2014年以降になるとみている。

政府統計局(ONS)によると、英経済は第2四半期(4~6月)に前期比0.7%縮小。3四半期連続でのマイナス成長に陥った。中銀のイングランド銀行はきょう発表するインフレ報告書の中で新たな経済見通しを示す予定だが、緊縮財政を背景に内需が減退し、ユーロ圏債務危機が深刻化する中、今年の成長率予測を5月時点のプラス0.8%からさらに引き下げる公算が強まっている。

NIESRはONSの公式発表に先立って成長率を推計・公表している。これまで、四半期ベースの数値ではONSと0.1~0.2ポイントの誤差で一致しているという。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

製薬ノバルティス、4年以内に2千人超整理(09/26)

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

労働党、政府離脱案に反対へ 2度目の国民投票支持も示唆(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

合意なしのEU離脱で航空便の運航に支障も(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

米コムキャスト、スカイの株式30%超を取得(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン