• 印刷する

英経済、直近3カ月は0.2%縮小=NIESR

シンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は7日、英国の5~7月の国内総生産(GDP)が0.2%縮小したとの推計を発表した。エリザベス女王即位60周年で公休日が2日増えた影響が大きい。

分野別では、民間、公共のサービス業が前期比年率で共に1.2%伸びたのに対し、鉱工業は2.1%のマイナス。建設業は14.4%落ち込んでいる。

NIESRは、「2008年前半のピーク時との差は拡大傾向にある」と分析。英経済がこの差を克服しピーク時の水準を超えるのは、2014年以降になるとみている。

政府統計局(ONS)によると、英経済は第2四半期(4~6月)に前期比0.7%縮小。3四半期連続でのマイナス成長に陥った。中銀のイングランド銀行はきょう発表するインフレ報告書の中で新たな経済見通しを示す予定だが、緊縮財政を背景に内需が減退し、ユーロ圏債務危機が深刻化する中、今年の成長率予測を5月時点のプラス0.8%からさらに引き下げる公算が強まっている。

NIESRはONSの公式発表に先立って成長率を推計・公表している。これまで、四半期ベースの数値ではONSと0.1~0.2ポイントの誤差で一致しているという。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英経済の回復予想を後ろ倒し 政策金利は0.1%維持=中銀(08/07)

日英外相、貿易協定の早期妥結の重要性確認(08/07)

アストラゼネカ、中国社がワクチン生産(08/07)

ウーバー、配車ソフトのオートキャブを買収(08/07)

保守党議員、英原発から中国社排除狙う(08/07)

トラベロッジのホテル百件、アコーに移管へ(08/07)

建設業PMI、7月も分岐点超え(08/07)

新車登録台数、7月は11%増 今年に入り初のプラス回復(08/06)

ヴァージン航空、米破産法15条の適用申請(08/06)

ABB、伊中部にEV充電インフラ生産拠点(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン