• 印刷する

雇用維持も景気悪化で瀬戸際に=CIPD

民間企業の31%は現在の需要に見合う水準よりも多くの従業員を抱えており、来年になっても景気が上向かなければ人員削減に踏み切る必要があると考えている。四半期ごとに実施している労働市場調査の結果として、人材マネジメント協会(CIPD)が13日に明らかにした。

1,000社以上の民間企業や公共団体を対象に行われた調査では、民間企業の62%は景気が回復しなければ人員を整理せざるをえないと答えている。また第3四半期(7~9月)に増員を予定する企業の割合は31%と、削減を計画する企業を5ポイント上回った。これは前期の6ポイントからほぼ横ばい。民間部門では「増やす」が「減らす」より26ポイント多く、中でも中小企業に限ると46ポイントと、大企業の17ポイントを大きく上回る。一方、公共部門では36ポイントのマイナスと、依然として人員削減の傾向が続いている。

先月に政府統計局(ONS)が発表した3~5月の失業者は258万4,000人となり、前の3カ月から6万5,000人減少した。ただCIPDは「詳しく調べれば、必要以上の従業員を抱える企業が多いことがわかる」と指摘している。


関連国・地域: 英国
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

政府、議会解散を簡易化する新法案を提出(12/03)

英、クロスレールに8億ポンドの追加支援(12/03)

EU首席交渉官が妥協案説明 不利な条件受け入れは否定(12/03)

テスコ、6億ポンド弱の事業税控除を還付へ(12/03)

警備G4S、カナダ同業が買収額を引き上げ(12/03)

イージージェット、機内手荷物の制限強化(12/03)

HSBC、サウジ行に追加出資(12/03)

クレディ・スイス、新会長にロイズ銀CEO(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン