• 印刷する

製造業受注、8月は大幅に悪化=CBI

英産業連盟(CBI)が21日発表した8月の業況調査によれば、受注残高が「通常の水準を上回っている」と予想した企業は「下回っている」より21ポイント少なく、7月のマイナス6ポイントから大幅に落ち込んだ。昨年12月以来の低水準で、市場予想も大きく下回った。

CBIは7月25日から8月15日にかけて456社を対象に調査を実施。輸出向け受注残高が「増えた」と回答した企業は「減った」と回答した企業より17ポイント少なかった。これは長期平均のマイナス21ポイントは上回る水準だが、マイナス26ポイントを記録した今年1月以降で最低だった。

向こう3カ月の生産量見通しは「増える」と回答した企業と「減る」と回答した企業が同数(0ポイント)となり、プラス11ポイントだった7月から大きく低下。在庫水準は「適切」とする企業が多かったものの、昨年6月以来の低水準を記録した。出荷価格はほぼ横ばいとなる見通し。

CBIの首席エコノミスト、アンナ・リーチ氏は「7月に堅調だった消費財分野が今月は低迷したことで、全体の需要が再び低下した」とコメント。消費財分野は向こう3カ月の生産見通しの押し下げ要因にもなっている。「ぜい弱な国内需要に加え、ユーロ圏債務危機が世界経済にも影響を及ぼしてきているとみられ、英製造業にとって事業環境は依然として厳しい」と述べた。


関連国・地域: 英国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

EEとヴァージン、過剰請求で当局が罰金(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

JAL、英など海外空港にアルコール感知器(11/19)

国営宝くじ、2023年以降の運営主体を募集へ(11/19)

スーパーのアズダ、第3四半期は2%増収(11/19)

HSBC、香港で有給休暇を拡大(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン