• 印刷する

CBI、今年は0.3%のマイナス成長予測

英産業連盟(CBI)は30日、2012年の実質国内総生産(GDP)成長率予測を5月時点のプラス0.6%からマイナス0.3%へと大幅に下方修正した。経済状況の悪化を理由に挙げている。

英国経済は第1四半期(1~3月)にリセッション(景気後退)に陥り、第2四半期も前期比0.5%縮小した。CBIは第3四半期には0.6%のプラス成長に転じ、第4四半期も0.2%の伸びが期待できるとしている。2013年については、見通しを従来の2%増から1.2%増に引き下げた。

インフレ率については、小売業者による大幅値下げや世界的なコモディティ価格の急落を背景に、予想よりも早く低下する見込み。賃金下落圧力の高まりを受け、来年を通じて中銀のイングランド銀行が目標とする2%付近で推移するとみている。

また失業者数は思ったほど増えず、来年半ばに約270万人でピークを打つと予想している。

CBIのジョン・クリッドランド専務理事は「英国経済は現在、縮小しているというよりは横ばいだと思うが、勢いは衰えているようだ」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 農林・水産金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英、華為排除の行程表を発表 来年9月末以降の製品設置を禁止(12/01)

IHSマークイット、米S&Pが買収(12/01)

モデルナ、欧州で承認申請へ コロナワクチン治験で良好結果(12/01)

ユニリーバ、英国への本社一本化を完了(12/01)

英仏、海峡の警備強化で合意=移民問題(12/01)

自動車保険の相互承認、欧州委がいまだ保留(12/01)

NEC、英主導の5Gプロジェクトに参加(12/01)

ロイズ銀、新CEOにHSBC幹部を指名(12/01)

七面鳥農場で鳥インフル=1万羽超を殺処分(12/01)

英、エストニアとラトビアを隔離対象国に(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン