• 印刷する

CBI、今年は0.3%のマイナス成長予測

英産業連盟(CBI)は30日、2012年の実質国内総生産(GDP)成長率予測を5月時点のプラス0.6%からマイナス0.3%へと大幅に下方修正した。経済状況の悪化を理由に挙げている。

英国経済は第1四半期(1~3月)にリセッション(景気後退)に陥り、第2四半期も前期比0.5%縮小した。CBIは第3四半期には0.6%のプラス成長に転じ、第4四半期も0.2%の伸びが期待できるとしている。2013年については、見通しを従来の2%増から1.2%増に引き下げた。

インフレ率については、小売業者による大幅値下げや世界的なコモディティ価格の急落を背景に、予想よりも早く低下する見込み。賃金下落圧力の高まりを受け、来年を通じて中銀のイングランド銀行が目標とする2%付近で推移するとみている。

また失業者数は思ったほど増えず、来年半ばに約270万人でピークを打つと予想している。

CBIのジョン・クリッドランド専務理事は「英国経済は現在、縮小しているというよりは横ばいだと思うが、勢いは衰えているようだ」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 農林・水産金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英、家計支援に150億ポンド 石油・ガス企業に25%課税へ(05/27)

VW、排ガス巡り英国で和解 2億ポンド支払い=信頼再構築へ(05/27)

英政府、航空業界の強化戦略を発表(05/27)

英当局、ロンドン証取での上場簡素化を提案(05/27)

英、中国系企業による半導体工場買収を調査(05/27)

英政府、通信アルティスのBT株取得を調査(05/27)

乗用車生産、4月は11.3%減少(05/27)

J・マッセイ、電池素材事業を豪同業に売却(05/27)

資源グレンコア、汚職で15億ドルの罰金(05/26)

気候対策遅延で多額損失も 中銀、国内金融機関に健全性審査(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン