• 印刷する

8月の失業率、6.8%で横ばい

連邦労働局が30日発表した8月の失業率(季節調整済み)は6.8%となり、前月の改定値から横ばいだった。ただ、失業者数は増加しており、ユーロ圏債務危機の影響が労働市場に波及しているようだ。

季節調整前の失業率も前月から横ばいの6.8%。地域別では、旧西独が6%、旧東独が10.3%だった。男女別に見ると、男性が6.7%で横ばい。女性は6.9%で0.1ポイント上昇している。

失業者数(季節調整前)は290万5,112人と2万9,141人増加した。1年前からは3万9,574人減っている。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、資産の大半移管も ロンドンからフランクフルトへ(09/18)

ユーロ圏インフレ率、8月は改定値も2%(09/18)

レオニ、セルビア新工場が来年にも稼動開始(09/18)

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

独経済、今後は勢いが大きく回復=連銀月報(09/18)

VW、自動運転技術の基準策定で他社と協議(09/18)

アルストムの燃料電池列車が商業運行開始(09/18)

高級車BMW、中国で14万台弱をリコール(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン