• 印刷する

独2州議会選、国政与党3党は惨敗

ドイツ中部ヘッセン州と南部バイエルン州で8日、州議会選挙の投開票が行われた。ヘッセン州では最大野党の中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)、バイエルン州では姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)がそれぞれ勝利。一方、ショルツ首相率いる連立政権の3党は、いずれも2018年の前回選挙から支持を落とした。また排外主義的な政策を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は票を伸ばし、ヘッセン州では第2党に躍進している。

ヘッセン州ではCDUが34.6%、AfDが18.4%を獲得。国政3党は社会民主党(SPD)が15.1%、緑の党は14.8%、自由民主党(FDP)は5%だった。

バイエルン州では州政与党のCSUが37%で第1党を維持したほか、連立相手の地域政党の「自由な有権者(FW)」は15.8%で2位につけた。AfDの得票率は14.6%に伸びたが、緑の党とSPDの得票率はそれぞれ14.4%、8.4%に減らしている。FDPの得票率は3%にとどまり、議席獲得に必要な5%に届かなかった。CSUは州政権の運営でFWとの連立を維持する方針を示している。

両州の人口は合わせて国内人口の約25%を占める。今回の選挙結果は国政与党に対する国民の不満を浮き彫りにした形で、ショルツ政権にとって大きな痛手となる。

出口調査では、移民削減に向けた政策の転換を望む有権者の割合は、ヘッセン州で73%、バイエルン州で83%にそれぞれ達している。9月には連邦議会(下院)で、新規の暖房システムを対象にエネルギーの65%以上を再生可能エネルギーで賄うことを義務付ける内容の法案が成立しており、これに対する反発もポピュリスト政党の躍進を助けたとみられている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器の設置義務化へ 独、28年以降に給油所で=8千基(05/30)

独自動車部品PWO、セルビア新工場が着工(05/30)

独、CO2貯留法改正案を閣議決定(05/30)

独政府、水素加速法案を閣議決定(05/30)

独インフレ率、2.4%に加速=5月速報値(05/30)

実質賃金、第1四半期3.8%上昇=過去最高(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

低排出ディーゼル燃料「HVO100」が発売(05/30)

フィンテックのクルーバー、1.1億ドル調達(05/30)

GfK消費者信頼感、4カ月連続改善=6月(05/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン