• 印刷する

英政府、排出権取引枠を縮小 来年は12.4%減=過去最低水準

英政府は5日、英国排出権取引制度(UK―ETS)に基づきオークション方式で販売する温室効果ガスの排出枠を、来年は前年比12.4%減らすと発表した。2050年までにネットゼロ目標を達成するため、過去最低の水準に引き下げる。

政府は今年、7,900万枠弱をオークションの対象としたが、来年はこれを6,900万枠に削減。27年には4,400万枠、30年には2,400万枠まで減らす方針だ。

政府は、購入可能な排出枠が減ることで、UK―ETSの対象となるエネルギー集約型産業は排出量削減に向けさらなる措置を講じる必要に迫られると説明。効率化への投資と化石燃料からの脱却を通じ、産業界に脱炭素化への自信を与えたいとしている。

英国は20年末に欧州連合(EU)離脱後の移行期間が終了したことに伴い、欧州排出権取引制度(EU―ETS)からも離脱。21年1月にUK―ETSを発足させ、5月に取引を開始した。

政府は今年7月、UK―ETSに基づく温室効果ガスの排出規制の厳格化を発表。鉱工業、発電所、航空業の排出量上限を24年から引き下げるほか、26年以降は海運業なども新たに同制度の対象とする。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン