独企業の対中投資、上半期は14%減少

ドイツ企業による中国での直接投資額が今年上半期(1~6月)は103億1,000万ユーロとなり、過去最高を記録した前年同期から14%減少していたことが、ドイツ経済研究所(IW)による公式データの分析で明らかになった。ただ、コロナ禍前の水準はなおも大幅に上回っており、政府の…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車化学マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

スタダ、セルビアの供給網構築に1億ユーロ(12/08)

独24年度予算、8日に合意も 連立3党が交渉再開=年内成立へ(12/08)

英当局、航空3社のグリーン広告を禁止(12/08)

独鉄道運転士、スト強行へ=8日も影響必至(12/08)

ルフトハンザ、eVTOLのリリウムと提携(12/08)

ドイツ人労働者の購買力、23年は低下(12/08)

鉱工業生産、10月は0.4%減少(12/08)

Bグリム、タイ中部の発電所が稼働(12/08)

年内の新年度予算成立が困難に 独連立政権、合意至らず(12/07)

ランボルギーニ、週4日勤務導入=業界初(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン