機械受注高、7月は11%減少=落ち込み緩和

ドイツ機械工業連盟(VDMA)は4日、7月の受注高が前年同月比11%減少したと発表した。6月の15%減から落ち込みが緩和したものの、依然として低調が続いている。 国内受注は8%縮小。国外受注は13%減った。国外のうちユーロ圏は7%、非ユーロ圏は15%それぞれ落ち込んだ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アウルビス、ブルガリアのスラグ処理強化(12/01)

独への原油量、11月は5割増=カザフスタン(12/01)

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】 トラックのCO2排出に課金=新アウトバーン料金制度(12/01)

電動キックボードの独ティア、人員2割削減(12/01)

10月小売売上高、1.1%増加(12/01)

不動産シグナ、破産申請 各地で建設停止、経営再建へ(11/30)

独インフレ率、11月は3.2%に減速=速報値(11/30)

韓国の鋼管メーカー、ポーランドに工場新設(11/30)

ウクライナ水力発電公社、水素生産を計画(11/30)

独、ウクライナ電力網に3億ユーロ支援(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン