• 印刷する

GDP、第2四半期は横ばい=改定値

ドイツ連邦統計庁は25日、2023年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの改定値)成長率が前期比で横ばいだったと発表した。速報値から変化はなかった。リセッション(景気後退)入りした第1四半期のマイナス0.1%からやや持ち直したが、経済回復の兆しは見られていない。

項目別に見ると、家計最終消費支出は横ばい。前期のマイナス0.3%からわずかに上向いた。政府最終消費支出は1.9%減から0.1%のプラスに転じた。投資を示す総固定資本形成は0.4%拡大。うち建設は0.2%、設備投資は0.6%それぞれ伸びた。

輸出は1.1%減り、前期の0.4%増からマイナスに落ち込んだ。輸入は横ばいとなり、第1四半期の1.5%減から持ち直した。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.6ポイント押し下げた。

中銀のドイツ連邦銀行は21日に発表した月報で、第3四半期のGDPが横ばいで推移するとの見方を示した。インフレ率は今後も長期的に2%を超える水準で推移し、経済の停滞が続くとしている。一方、国際通貨基金(IMF)は7月、同国の今年のGDPが前年からわずかに縮小するとの見通しを示した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

露、欧州3行の資産接収=総額7億ユーロ超(05/21)

EV共同開発で交渉決裂か VWとルノー、経費削減目指すも(05/21)

アウディ、上汽との共同開発車を来年発売(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

独保健省、医療機関比較サイト開設(05/21)

三菱電機、スマート都市開発で独社と提携(05/21)

ミュンヘン空港に環境活動家侵入、8人拘束(05/21)

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン