• 印刷する

炭素中立、2045年の達成困難 現行措置は不十分=ドイツ環境庁

ドイツ連邦環境庁(UBA)は22日公表した報告書で、現行の気候変動対策では、2030年までの温室効果ガス排出量の削減目標を達成できないとの見通しを示した。追加措置を講じなければ、同国が目指す45年の炭素中立は実現できないと警告している。

ドイツ政府は、温室効果ガスの排出量を30年までに1990年比で65%削減し、45年までには実質ゼロにする目標を掲げる。

報告書によると、現在、実施されている措置だけでは排出量を30年までに63%しか減らすことができず、45年までの削減率は82%にとどまる見通し。現時点で計画中の措置を加えれば、30年までに65%の削減が可能となるものの、45年までには86%しか減らすことができず、いずれの場合も炭素中立目標は達成できないとしている。

中でも運輸、建物、鉱工業の各分野では、30年までの削減量が目標を大きく下回る見通し。一方、エネルギー、農業、廃棄物処理は目標を上回る削減を達成するとみている。

報告書は、UBAが連邦政府の気候変動専門家評議会と共にまとめた。UBAは、「今回の報告書は、気候変動目標の達成に向け、追加の措置が必要なことを明らかに示した」と指摘。排出量を30年までに22年比で40%減らす目標も必要と強調している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独リドル、ボスニアで物流センター着工(05/29)

独に債務ブレーキ緩和を提言 IMF「公共投資増やすべき」(05/29)

ABNアムロ、独プライベートバンクを買収(05/29)

スロベニア、独企業の投資先として人気首位(05/29)

製菓ハリボー、新工場の建設計画=独西部(05/29)

車いすのサンライズ、今夏にIPO実施(05/29)

医薬品容器ゲレスハイマー、米で工場拡張(05/29)

中国VW合弁、従業員削減へ=販売伸び悩み(05/29)

ポルシェ、中国ディーラーと「密に協力」(05/29)

バイエル、中国で健康消費品拠点を建設へ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン