• 印刷する

独外相、豪など訪問中止 政府専用機に不具合=廃止前倒し

ドイツのベーアボック外相は15日、予定されていたオーストラリアとニュージーランド、フィジー訪問を中止すると発表した。政府専用機に不具合が生じたため。これを受け政府は、欧州航空・防衛最大手エアバスの中型機「A340」2機の廃止を前倒しすることを決めた。

ベーアボック氏は14日、給油に寄ったアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国からオーストラリアに向かう予定だったが、離陸後にフラップが格納されない不具合が発生。15日にも同様の問題が発生し、外遊を断念した。

今回ベーアボック氏が利用したのは「A340」で、政府は向こう数週間のうちに同モデル2機の利用を停止することを決めた。当初は1機を今年9月に、もう1機は来年末に廃止する予定だった。

ドイツ外相によるオーストラリア訪問は2011年以来で、ベーアボック氏にとっても初の公式訪問となる予定だった。同氏は訪問先で、経済安全保障やロシアのウクライナ侵攻、インド太平洋地域での中国の役割などについて協議する予定だった。

ドイツでは、政府専用機の不具合でたびたび外交に支障が出ている。ベーアボック氏は今年5月にも、タイヤのパンクによりカタールで足止めされた。18年11月にはメルケル前首相を乗せた「A340」が電気系統の故障で緊急着陸し、アルゼンチンで開催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の開始に間に合わなかった。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

自動車VW、イタリアで和解 排ガス巡り5千万ユーロ超支払い(05/17)

独ワッカー・ノイソン、セルビア工場拡張(05/17)

総合電機シーメンス、第2四半期は38%減益(05/17)

経済諮問委、成長率見通し引き下げ=0.2%(05/17)

独国内の露凍結資産、40億ユーロ=財務省(05/17)

香港衣料チェーンのエスプリ、独で破産申請(05/17)

トラワ、シードラウンドで1千万ユーロ調達(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

中国社、独最大の太陽光発電所にモジュール(05/17)

D・ヒーロー、台湾事業を米ウーバーが買収(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン