• 印刷する

グリーン化に大規模投資 電力ユニパー、炭素中立化前倒し

ドイツのエネルギー大手ユニパー(Uniper)は7月31日、2030年までに事業のグリーン化に80億ユーロ超を投資すると発表した。上半期(1~6月)決算で業績が力強く回復したため。これにより、炭素中立の達成期限を従来の50年から40年に前倒しする。

新たなグリーン投資は、年平均にすると過去3年の3倍以上の水準となる。太陽光・風力発電所への投資に重点を置き、30年までに発電容量の80%以上をゼロ排出とする計画。石炭火力発電は29年までに終了するとしている。またガス事業では、グリーン水素などの利用を拡大することにより、30年までに全体の5~10%をグリーンガスとすることを目指す。

マイケル・ルイス新最高経営責任者(CEO)は、「ユニパーの強みはグリーン電力とフレキシブルな電力の両方を持つことで、安定供給のためにはこの両方が必要だ」と説明。今後もガス火力発電の拡大や企業顧客へのガス供給は必要だが、グリーンガスの比率を増やすとしている。

■上半期は黒字転換

ユニパーは8月1日、上半期の純利益が94億4,300万ユーロとなり、前年同期の124億1,800万ユーロの赤字から黒字に転換したと発表した。EBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は、7億5,700万ユーロの赤字から37億100万ユーロの黒字に回復した。

ルイス新CEOは「当社の経営は再び軌道に乗った」とコメント。同社はロシアからのガス供給減を受け経営が悪化し、昨年12月に政府から総額80億ユーロの注入を受け国有化されたが、今回の好業績を受け、さらなる資金注入の必要はないとの見方を示した。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

自動車VW、イタリアで和解 排ガス巡り5千万ユーロ超支払い(05/17)

独ワッカー・ノイソン、セルビア工場拡張(05/17)

総合電機シーメンス、第2四半期は38%減益(05/17)

経済諮問委、成長率見通し引き下げ=0.2%(05/17)

独国内の露凍結資産、40億ユーロ=財務省(05/17)

香港衣料チェーンのエスプリ、独で破産申請(05/17)

トラワ、シードラウンドで1千万ユーロ調達(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

中国社、独最大の太陽光発電所にモジュール(05/17)

D・ヒーロー、台湾事業を米ウーバーが買収(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン