• 印刷する

英CPTPP加盟、正式承認 GDP押し上げ期待=欧州から初

日本やオーストラリアなど「環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)」の加盟11カ国は16日、英国の加入を正式に承認した。2018年の協定発効後、初の新規加入となり、欧州からの参加は初めて。英国の加入により加盟国の国内総生産(GDP)は合計12兆ポンドに増え、世界全体で占める割合は15%に拡大する。

バデノック民間企業・貿易相はこの日、協定加入に関する議定書に署名した。同相は、CPTPPを現代的で野心的な協定と評価。加盟は英国がビジネスに門戸を開いている証だとしている。

CPTPPへの参加で、ウイスキーや自動車を含む英国からの物品輸出の99%で関税が撤廃される。政府は同協定により輸出高が17億ポンド、輸入高が16億ポンドそれぞれ増えると予想し、GDPは長期的に18億ポンド押し上げられると見込んでいる。

英国は、21年2月にCPTPPへの加盟を申請していた。今後は批准手続きを経て、来年後半に発効する見通し。

同協定には日本とオーストラリアのほか、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイ、メキシコ、ペルー、チリが参加。今年7月にはウクライナが加盟申請したほか、これまでに中国と台湾、エクアドル、コスタリカ、ウルグアイも加盟を申請している。


関連国・地域: 英国アジア中南米カナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン