• 印刷する

バイデン氏、スナク氏と会談 クラスター弾供与巡り説明か

米国のバイデン大統領は10日、英国を訪問し、同国のスナク首相とウクライナへの支援などについて協議した。英国は、米国がウクライナへのクラスター弾供与を決めたことの妥当性を疑問視しているとされ、会談ではバイデン大統領がこの問題について説明したとみられている。バイデン氏はチャールズ国王とも面会し、気候変動問題について話し合った。

バイデン大統領とスナク首相の会談は、過去5カ月で5回目。バイデン氏は今回、11~12日にリトアニアで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(サミット)に向かう前に英国に立ち寄った。英首相官邸によると、両首脳は「ウクライナのパートナー各国が同国の長期的防衛を確約し、同国がロシアとの戦争に勝つために必要な支援を行う必要性」を確認した。会談はおよそ40分で終了したが、バイデン氏は「米英関係は盤石」と強調した。

バイデン氏はこの後、ロンドン近郊ウィンザー城でチャールズ国王と面会。気候変動対策への民間投資を拡大する方法などについて話し合った。面会には金融機関や慈善家から成る「気候ファイナンス・モビライゼーション・フォーラム」のメンバーや、英国のシャップス民間企業・エネルギー・産業戦略相と、米国のジョン・ケリー気候問題担当大統領特使も同席した。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ウクライナ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン