• 印刷する

ジョンソン氏、議会で虚偽答弁 パーティー問題巡り=下院報告書

英国の下院・特権委員会は15日、新型コロナウイルス規制下に首相官邸で開かれた一連のパーティーを巡り、ジョンソン元首相が意図的に議会を欺く答弁をしたとする調査報告書を公表した。こうした行為は議会への侮辱に当たるとの厳しい結論を下している。

同委は下院の要請により昨年4月に調査を開始。今回、100ページ超に及ぶ最終報告書をまとめた。同委はこの中で、ジョンソン氏は議会で「意図的に下院を欺こうとする極めて不誠実な答弁をしたほか、真実から目をそらす答弁を繰り返した」とし、これは「下院に対する重大な侮辱」に当たると結論付けた。

同委はまた、ジョンソン氏が9日にこの報告書の草案を受け取った際、調査は自身に対する「魔女狩り」などと公に批判したことも問題視。守秘義務に違反するほか、特権委員会を攻撃し、民主主義的手続きや下院を傷つける行為との判断を示した。

同委は、本来なら90日間の議員停職処分が妥当とした上で、ジョンソン氏がすでに報告書の草案に抗議して議員を辞職していることを踏まえ、通常なら元議員に与えられる国会議事堂への立ち入り許可証を同氏に交付しないよう提言した。

ジョンソン氏は2019年に首相に就任し、英国の欧州連合(EU)離脱を実現した。しかし、21年末にコロナ規制に反するパーティーに出席していたとの疑惑が報じられ、22年9月に首相を辞任した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン