• 印刷する

英経済、年後半に回復へ=アイテムクラブ

英国経済は今年後半には回復するものの、通年では横ばいにとどまる――。大手会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)が出資するシンクタンク、アイテムクラブ(ITEM Club)が16日に発表した経済見通しの中でこうした見方を明らかにした。

アイテムクラブはインフレ率が年内に1.7%まで低下し、これにより個人消費が押し上げられると予想。国内総生産(GDP)成長率は来年には1.6%、2014年には2.6%に達するとみている。首席経済アドバイザーのピーター・スペンサー氏は、「インフレにより実質賃金は過去4年で7.5%減少したものの、この傾向はほぼ終わりとなる」と説明。可処分所得は通年では0.4%増となり、来年には1.5%増えるという。ただ失業率は年内に8.6%、2013年には8.7%でピークに達するとしている。

またユーロ圏の債務危機は依然として今後の経済回復にとってリスク要因となるものの、危機への取り組みが進むにつれ企業の景況感も上向きになると指摘。企業の設備投資は今年に3.4%拡大する見込みだが、リセッション(景気後退)に陥る以前の水準まで回復するのは2015年になるとみている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英鉄道各社が大規模スト 運行2割に削減=19日は地下鉄も(08/19)

保守党党首選、候補者がベルファストで討論(08/19)

ロイヤル・メール職員、追加のスト支持(08/19)

現金決済の減少幅、コロナ規制解除で緩和(08/19)

ホスピタリティー業、外国人労働者が大幅減(08/19)

BAE、カタールに戦闘機タイフーンを納入(08/19)

インフレ率、7月は10.1% 過去40年超で初の2桁台(08/18)

英、豪からLNG調達=6年ぶり(08/18)

生産者物価、7月は17.1%上昇(08/18)

外国人労働者、コロナ流行後で最大の増加(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン