• 印刷する

英地方選、与党の議席大幅減 労働党など躍進=スナク政権痛手

英国で4日、イングランド地方選挙の投票が行われた。8割弱の自治体で結果が出た段階で、国政与党・保守党は大きく議席を減らした一方、最大野党・労働党や自由民主党が躍進。これまで保守党が過半数を握っていたイングランド南東部メドウェー(Medway)では労働党が、南東部ウィンザー・メイデンヘッドでは自由民主党がそれぞれ勝利するなど、スナク政権にとって痛手となった。BBC電子版などが伝えた。

今回の選挙では、230の自治体で議会選挙が行われた。179自治体の開票結果が出た段階で、労働党は396議席増の計1,959議席を獲得。保守党は1,666議席と、741議席減らした。自由民主党は255議席増やして1,162議席を獲得したほか、緑の党も173議席増の318議席を確保している。

労働党は、南部スウィンドンや南西部プリマスなどで新たに単独過半数を確保。北部ミドルズブラ(Middlesbrough)の市長選挙では、同党の候補が無所属の現職を破った。一方、保守党は少なくとも16自治体で過半数割れに転落している。

今回の選挙は、昨年10月に発足したスナク政権の運営成果を問うものとなった。スナク首相は、保守党の地方議会議員を失うのは遺憾だとしながらも、東部ピーターバラや中部サンドウェルなど、要となる自治体で議席を伸ばしたことを評価している。

今回の地方選では、ロンドンやスコットランド、ウエールズは対象とされていない。なお、北アイルランドの地方選は、チャールズ国王の戴冠式の影響を避けるため18日に繰り下げられた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン