独政府、化石燃料暖房の新設禁止を閣議決定

ドイツ政府は19日、来年以降に新規導入する暖房システムについて、使用エネルギーの65%以上を再生可能エネルギーで賄うことを義務付ける法案を閣議決定した。これにより、石油やガスなどの化石燃料のみに頼る暖房システムの新設が実質的に禁止される。 要件を満たすためには、ヒ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

エバーフュエル、水素の大規模生産を計画(06/18)

独ロボット産業、中国との競争に直面(06/18)

労組IGメタル、7%の賃上げ要求を勧告(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

アディダス、中国幹部に収賄疑惑=調査開始(06/18)

ドイツ銀、投資銀部門で採用加速(06/18)

ノルデックス、北欧の設置容量5GW突破(06/18)

タイ流通セントラル、独百貨店の運営継承(06/18)

eVTOLリリウム、中国に子会社設立(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン