• 印刷する

英米首脳、北アで会談へ ベルファスト合意から25周年

北アイルランド紛争終結のため1998年にベルファスト合意が結ばれてから、10日で25年が経った。米国のバイデン大統領は11日、周年記念行事に参加するため英領北アイルランドのベルファストを訪問する。英国のスナク首相はこれを出迎え、会談する予定だ。

スナク氏はベルファスト合意について、「英国とアイルランド両政府の連携によって誕生したもので、バイデン大統領の訪問から分かる通り、同盟国からの国際的な支持を受け続けている」と強調。その上で、「北アイルランドの繁栄や生活水準の向上に欠かせない経済成長の実現に向け、引き続き尽力する」と述べた。

米国はベルファスト合意の成立を支援し、その後も北アイルランドの経済成長で大きな役割を果たしている。過去10年間では北ア経済に15億ポンドを投じ、1万3,000人の雇用創出に寄与してきた。スナク氏はバイデン氏訪問の機会を活用し、長期的な投資につなげたい考えだ。

バイデン氏はアイルランドにルーツを持ち、今回の滞在では北アイルランドに加え、アイルランドも訪問する予定。


関連国・地域: 英国アイルランド米国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン