• 印刷する

エネルギー集約型企業を支援 英政府、再生エネ賦課金免除など

英国政府は23日、鉄鋼業界を含むエネルギー集約型産業への支援を行う方針を明らかにした。再生可能エネルギー関連の賦課金免除などが盛り込まれる見通しで、2024年春の支援開始が見込まれている。

対象となるのは、鉄鋼、金属、化学、製紙など、電力価格の高騰により打撃を受けている産業で、約300社が支援を受ける見通し。

これらの企業に対しては、「差額決済契約(CfD)」や「固定価格買取(フィードインタリフ)」、「再生可能エネルギー購入義務(RO)」制度のコスト負担を免除するほか、ネットワーク料金を割り引くことが検討されている。具体的な実施方法については、今春に意見公募を行い、24年春に支援を開始するとしている。

バデノック民間企業・貿易相は、これらの支援により英国のエネルギー集約型産業が支払うエネルギー価格は、世界の先進諸国と同等になるとの見方を示している。

鉄鋼業界団体UKスチールのガレス・ステース会長は、英国製造業のエネルギー費用は長年、他国を上回っていたとした上で、「今回の発表を歓迎する」と述べ、欧州諸国と同等の価格を実現できるよう政府と協力するとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 鉄鋼・金属電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

食品ニューラット、英同業プリンセスを買収(05/28)

光熱費の価格上限、7%引き下げ=7月から(05/28)

小売売上高、4月は2.3%減少(05/28)

GfK消費者信頼感、21年12月以降で最高(05/28)

日立、新型バッテリーシステムの試験開始(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン