• 印刷する

GDP、第4四半期は横ばい リセッション入り回避=速報値

英政府統計局(ONS)は10日、2022年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比で横ばいだったと発表した。物価高騰により個人消費が圧迫されたことや、鉄道・物流業界のストライキの影響が反映された。2期連続のマイナス成長は回避した。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は前期から横ばい。第3四半期の0.2%増から減速した。うちビジネスサービス・金融は0.4%、流通・ホテル・レストランは0.1%それぞれ拡大。半面、自動車販売を含む運輸・倉庫・通信は1%落ち込んだ。

鉱工業は0.2%減ったが、前期の2.6%減から落ち込みが減速。うち採鉱・採石は1.6%、電気・ガス・蒸気・空調供給は1.3%それぞれ縮小した。製造業は横ばいだった。水道・下水・廃棄物処理は0.7%拡大している。

建設業は0.3%増加。一方、農林水産業は0.6%減少した。

GDPは前年同期比では0.4%増加。前期の1.9%増から伸びが減速した。

中銀イングランド銀行は先に、今年のGDPが0.5%縮小するとの見方を示した。昨年11月時点のマイナス1.5%から上方修正している。インフレ率については今年は大きく低下し、23年第1四半期には3%まで落ち着くと予想する。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン