• 印刷する

5月インフレ率、2.8%に減速=2年半ぶり低水準

政府統計局(ONS)は19日、5月の消費者物価指数(CPI、2005年=100)が122.8ポイントとなり、年率で2.8%上昇したと発表した。燃料や食品が押し下げ要因となり、4月の3%から伸びがさらに減速。市場予想を下回り、2009年11月以来の低水準を記録した。

最大の押し上げ要因は住宅・水道光熱費で、6.2%上昇。中でもガス、電気、家賃が大きく伸びた。また、アルコール飲料・たばこが4.8%伸びたほか、教育関連が5.1%上昇。食品・非アルコール飲料は3.3%上昇したが、1年前から伸びが大きく減速している。運輸関連は燃料価格の下落に伴い、1.7%の伸びにとどまった。

価格変動の激しいエネルギー、食品、アルコール飲料、たばこを除いたコアインフレ率は2.2%で、4月から0.1ポイント下落した。

カウンシルタックス(住民税)などを含み、年金や賃金交渉で参考にされる小売物価指数(RPI)の上昇率は3.1%で、4月から0.4ポイント低下した。これから住宅ローンの利払いを除いたコア小売物価指数(PRIX)の伸びも3.1%で、前月からやはり0.4ポイント減速している。

5月のCPIを前月比で見ると0.1%下落。5月にCPIがマイナスに転じたのは初めてとなる。運輸関連がガソリン価格の値下がりを受けて0.8%下落したほか、娯楽・文化が0.4%値下がりしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料その他製造建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン