• 印刷する

5月インフレ率、2.8%に減速=2年半ぶり低水準

政府統計局(ONS)は19日、5月の消費者物価指数(CPI、2005年=100)が122.8ポイントとなり、年率で2.8%上昇したと発表した。燃料や食品が押し下げ要因となり、4月の3%から伸びがさらに減速。市場予想を下回り、2009年11月以来の低水準を記録した。

最大の押し上げ要因は住宅・水道光熱費で、6.2%上昇。中でもガス、電気、家賃が大きく伸びた。また、アルコール飲料・たばこが4.8%伸びたほか、教育関連が5.1%上昇。食品・非アルコール飲料は3.3%上昇したが、1年前から伸びが大きく減速している。運輸関連は燃料価格の下落に伴い、1.7%の伸びにとどまった。

価格変動の激しいエネルギー、食品、アルコール飲料、たばこを除いたコアインフレ率は2.2%で、4月から0.1ポイント下落した。

カウンシルタックス(住民税)などを含み、年金や賃金交渉で参考にされる小売物価指数(RPI)の上昇率は3.1%で、4月から0.4ポイント低下した。これから住宅ローンの利払いを除いたコア小売物価指数(PRIX)の伸びも3.1%で、前月からやはり0.4ポイント減速している。

5月のCPIを前月比で見ると0.1%下落。5月にCPIがマイナスに転じたのは初めてとなる。運輸関連がガソリン価格の値下がりを受けて0.8%下落したほか、娯楽・文化が0.4%値下がりしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料その他製造建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン