6月製造業受注、見通しが改善=CBI

英産業連盟(CBI)が21日発表した6月の製造業の業況調査によれば、向こう3カ月の新規受注が「増える」と予想した企業は「減る」より7ポイント多く、5月のマイナス3ポイントから回復した。

CBIは5月23日~6月13日に459社を対象に調査を実施。それによると新規受注が「増えた」と回答した企業は「減った」企業より11ポイント少なかった。これは5月のマイナス17ポイントから改善しただけでなく、長期平均のマイナス17ポイントを大きく上回る。輸出向けの新規受注もマイナス4ポイントとなり、前月のマイナス12ポイントから回復に向かっている。

出荷価格については「引き上げる」が「引き下げる」を2ポイント上回り、昨年11月以来の低水準となった。また在庫量も適切とする企業が多い。

CBIの首席エコノミスト、イアン・マカファーティ氏は「企業は向こう3カ月に生産が持ち直すと見込んでいるが、拡大のペースは年初に比べるとやや鈍くなる」と指摘している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

スイスの時計輸出、1月は12.6%拡大(02/21)

英国、大幅な規制緩和を否定 離脱後巡るEUの懸念を打ち消し(02/21)

金融HSBC、通期は2.5倍弱に増益(02/21)

ホテルのインターコンチ、通期は7%増益(02/21)

テスラの「モデルS」、欧州販売で独勢超え(02/21)

イケア、英顧客にグリーン電力への変更促す(02/21)

衣料品アルカディア、中国社が買収を計画(02/21)

電子商取引ハウテ、マレーシア社が出資(02/21)

デリバルー、中国進出に消極的(02/21)

KFC、在庫不足で英店舗の5割が一時休業(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン