• 印刷する

連邦・州の5月の税収、4.3%減

連邦財務省は21日、連邦政府と州政府の5月の税収が合わせて402億5,600万ユーロとなり、前年同月比4.3%減少したと発表した。税収が縮小したのはほぼ2年ぶり。ただ財務省によると、統計システム上の問題で一部税収の算入が遅れたことが主因で、この分は向こう数カ月の統計に反映されるとしている。

所得税収入は109億4,600万ユーロと3.1%拡大。労働市場の好調を背景に、就業者数の増加と賃金の上昇が追い風となっている。VAT(付加価値税)収入は2.9%増の168億2,500万ユーロだった。

1~5月の累計では全体で3.6%増加。連邦財務省は通期について、4%の増収を予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

小売売上高、10月は2.8%減少(12/02)

メルセデス、越で3ブランド大幅値上げ(12/02)

Bグリム、タイで熱電併給発電所を稼働(12/02)

独、送電テネット出資巡りオランダと協議(12/01)

独製造業界、原材料不足が緩和=Ifo(12/01)

VW、台湾フォックスコンに製造委託も(12/01)

インフレ率、11月は10%に減速=速報値(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン