• 印刷する

12月は低下で分岐点割れ 英製造PMI、過去31カ月で最低

米国の金融情報サービス大手S&Pグローバルは3日、2022年12月の英国の製造業PMI(購買担当者景気指数、確定値)が45.3になったと発表した。速報値から0.6ポイント上方修正されたものの、11月からは1.2ポイント低下。過去31カ月で最低となり、景気の「改善」と「悪化」の境目である50を5カ月連続で下回っている。

生産高は6カ月連続で減り、新規受注も縮小。雇用は3カ月連続で減少した。仕入れ価格は37カ月連続で上昇したが、伸びは20年11月以降で最小となった。出荷価格の上昇ペースは過去2年弱で最も緩やかだった。

S&Pグローバルのディレクターであるロブ・ドブソン氏は「生産高は過去14年で最速ペースで縮小したほか、新規受注の急減は憂慮すべきものだ」と指摘。また仕入れ価格と出荷価格の上昇ペースの鈍化は、主に需要の減退が供給の不均衡を解消した結果だと説明した。

■アイルランドは横ばい

アイルランドの金融大手アライド・ アイリッシュ・バンク(AIB)によると、22年12月のアイルランドの製造業PMIは48.7となり、前月から変化はなかった。生産高は6カ月連続、新規受注は7カ月連続でそれぞれ縮小。雇用は増加に転じた。仕入れ価格の伸びは過去22カ月で最も小さかった半面、出荷幅の上昇ペースは加速した。


関連国・地域: 英国アイルランド
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン