• 印刷する

独、ユニパー国有化を完了 株式99%取得=経営の安定化図る

ドイツ政府は22日、経営難に陥っていたエネルギー大手ユニパー(Uniper)の国有化を完了したと発表した。9月時点の合意内容から変更はなく、総額80億ユーロを拠出し、株式約99%を取得。これに加え、2024年までに総額250億ユーロの資本注入を段階的に行う計画だ。

国有化を巡っては、ユニパーの株主総会が19日に、欧州委員会は20日に、それぞれドイツ政府の救済計画を承認。同社の支配株主であるフィンランドの電力大手フォータムも、全持ち株をドイツ政府に売却することで合意していた。

ユニパーはロシア産ガスの最大の輸入業者で、ロシアからのガス供給量が減少したことで経営が悪化。1~9月期の純損失は403億7,400万ユーロとなり、ドイツ企業として過去最大の赤字を計上した。

今後は財務省が株主となり、経営の安定を図る。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン