• 印刷する

英空港、年末に8日間スト 入国審査に混乱も=3千人参加

英国の公務員労組PCSは7日、全土の主要・地域空港の入国審査官が、23~26日と28~31日に賃上げを求めるストライキを決行すると発表した。一日当たり約2,000~3,000人が参加する見通し。クリスマスや年末の繁忙期と重なることから、大きな混乱が出ると予想される。

対象の空港は、ロンドンのヒースロー空港とガトウィック空港、マンチェスター空港、バーミンガム空港、カーディフ空港、グラスゴー空港、ニューヘイブン空港。これらの空港では、スト期間中に合わせて1万便以上が到着する予定で、乗客200万人超に影響が及ぶと推定される。

PCSのマーク・セルウォトカ書記長は「組合員は低所得なことから食事を抜くこともあれば、暖房をつけることもできない」と指摘。スト以外に選択肢はなく、「政府が直ちに資金を投入しなければ、状況はエスカレートする」と述べている。

PCSが先に実施した、内務省や運輸省を含む124部門およそ10万人の組合員を対象とした投票では、うち86%超がストを支持。政府に対して、10%の賃上げと雇用の安定、公正な年金、解雇条件の保護を要求している。

なお、PCSは内務省管轄で、入国審査官のうち約75%は同労組に所属する。年末のストは他にも、運転免許試験官や雇用・年金省などでも予定されている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

乗用車生産、2022年は10%減 半導体不足続き過去66年で最低(01/27)

EV充電ソフトのアムペコ、BMWが出資(01/27)

英、半導体産業に補助金も=国内生産拡大へ(01/27)

HH2E、独東部にグリーン水素工場建設へ(01/27)

ロイヤル・メール、ストで2億ポンド損失(01/27)

CBI小売売上高、1月は悪化(01/27)

製薬エクスーダ、韓国社が筆頭株主に(01/27)

英仏の海底送電網計画が復活 英高等法院が決定覆す=再審査へ(01/26)

ブリティッシュボルト、豪社が資産に関心(01/26)

G7、ウクライナへのエネ支援継続で合意(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン