• 印刷する

露ガス価格上限で合意至らず EUエネ相会合、12月に持ち越し

欧州連合(EU)は24日、臨時エネルギー相会合を開き、エネルギー危機対策について協議した。天然ガスの共同調達を含む5項目で合意したが、先に欧州委員会が提案したガス価格の上限設定については見解が分かれ、合意に至らなかった。このため、対策案の正式承認は12月の次回会合に持ち越された。

今回の会合では、来年に加盟各国のガス貯蔵目標の15%を共同調達で賄うことで合意。EU全体では、135億立方メートルに相当する。また、再生可能エネルギー促進に向けたプロジェクトの承認手続き迅速化や、液化天然ガス(LNG)価格の新たな指標設定などで一致した。各国エネルギー相は、12月13日に予定される次回会合でガス価格の上限設定を巡る妥結を目指し、今回合意に至った措置も正式承認する見通し。

欧州委は先に、欧州の天然ガス価格の指標となるオランダTTF先物価格に1メガワット時当たり275ユーロの上限を設けることを提案した。上限を求めていたEU加盟国は、設定価格が高いため発動されない可能性を指摘。スペインのリベラ環境移行・人口問題相とポーランドのモスクワ気候・環境相は共に、ジョークのようだと痛烈に批判している。

一方、オランダをはじめとする上限導入自体に懐疑的な加盟国もこの提案を非難。ただ、この中でもドイツは妥協に前向きな姿勢を示している。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第165回 娯楽のオンライン化、欧州で加速(05/30)

ジョージア、「外国の代理人」法案が成立へ(05/30)

仏シュナイダー、ハンガリーにスマート工場(05/30)

欧州中銀、6月6日の利下げ濃厚=調査(05/30)

EU理事会、ネットゼロ産業法案を採択(05/30)

オリンパス、超音波診断装置を欧州で販売(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

欧州経営者、過半数が欧中関係悪化を予想(05/30)

EU、メタン排出規制法を承認=2030年から(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン