• 印刷する

フランス、企業の光熱費補助に84億ユーロ

フランスの経済・財務・産業デジタル主権省は19日、エネルギー価格高騰の打撃を軽減するため、2022年と23年に合わせて84億ユーロ規模の法人向け支援を行うと明らかにした。うち電力料金関連の補助については、一部は減税により実施する。

政府は今回、22年と23年の電力特別税を欧州連合(EU)で認められている最低水準まで引き下げることを決めた。企業には原子力発電による安価な電力を供給する方針。ガスについては来年末までは価格に上限を設け、政府が差額を負担する。

ルメール経済・財務・産業デジタル主権相はラジオ番組で、「フランス企業はドイツ企業と同様に保護される」とコメント。ドイツ政府は先に、来年は企業と一般家庭のいずれに対してもエネルギー価格に上限を導入する計画を明らかにしており、これに伴う支出は総額833億ユーロに達する見通し。ルメール氏はまた、フランスは国籍を問わず全ての企業にEUのルールを適用していくと述べている。

フランス政府は法人向け支援とは別に、小規模企業と一般家庭に対して来年の電気・ガス料金に上限を設ける計画を決めており、これに向けた支出は450億ユーロが見込まれている。


関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏領ニューカレドニアで暴動=非常事態宣言(05/17)

商船三井、トタルとLPG船契約=環境配慮(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

燃料管理オープンエア、比航空と提携(05/17)

ルノー、自動運転ミニバス開発へ(05/16)

PVセルのホロソリス、大型工場建設へ(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

印ITタタ、パリにAI研究拠点を設置(05/16)

パリ、ごみ収集員がスト=市は即座に対応(05/16)

「チューズ・フランス」、過去最高額を誘致(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン