• 印刷する

G20、露侵攻非難=首脳宣言 気温上昇抑制への決意も確認

インドネシアのバリ島で開かれていた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が16日、2日間の協議を終え閉幕した。首脳宣言では、ロシアによるウクライナ侵攻を強く非難したほか、気候変動について、気温上昇を摂氏1.5度に抑えるよう努める決意を示した。

首脳宣言では、「大多数の国がウクライナでの戦争を強く非難する」とした上で、「こうした状況や制裁については、他の見解や異なる評価もあった」と付け加えた。ロイター通信によると、文面はロシアを含むG20の全メンバーが草案からの修正なしに承認した。

首脳宣言ではこれに加えて、「国際法と多国間システムの堅持が不可欠」と強調。「武力紛争における市民およびインフラの保護を含む国際人道法の順守」を訴え、ウクライナの民間人やインフラへの攻撃を強めるロシアを詰責した。また、ウクライナ産穀物の黒海経由での輸出に向け7月にトルコと国連の仲介でまとまった合意を歓迎した上で、全当事国による合意の継続が重要と指摘している。この合意は11月19日に期限を迎えるが、ロシアとの交渉は難航している。

気候変動を巡っては、「影響は気温上昇が摂氏1.5度の方が摂氏2度に比べてはるかに小さい」という気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の評価を認め、「気温上昇を摂氏1.5度に制限するための努力を追求する」と明記した。

現在、エジプトで開かれている国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)では、最終合意文書で「摂氏1.5度」に言及するかどうかが争点となっており、G20としての姿勢を明確に打ち出した格好となる。[環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン