• 印刷する

鉱工業生産、9月は0.6%増加

ドイツ連邦経済技術省は7日、9月の鉱工業生産指数(2015年=100、稼働日数・季節要因調整済み)が97.8ポイントとなり、前月から0.6%上昇したと発表した。8月のマイナス1.2%(改定値)からプラスを回復。伸び幅は市場予想を上回った。

分野別では製造業が0.7%拡大。うち消費財は1.4%、資本財は1.1%それぞれ伸びた半面、中間財は0.1%落ち込んだ。エネルギーは1.7%増加。建設業は0.3%下向いた。

また、自動車・自動車部品は9.3%増加。一方、機械エンジニアリングは1.7%のマイナスだった。

鉱工業生産は、前年同月比(稼働日数調整済み)では2.6%拡大している。

同省は今回の結果について、プラスに復帰したものの、向こう数カ月の見通しは依然として悲観的と指摘。企業景況感は明らかに冷え込んでおり、需要の減退も顕著だと説明している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン