• 印刷する

独下院、新規借り入れ承認 エネルギー高騰対策の財源確保へ

ドイツ連邦議会(下院)は21日、エネルギー価格の高騰を受けた総額2,000億ユーロに上る対策のための新規借り入れを承認した。政府は財源を新規借り入れで賄う方針で、憲法で定められた新たな借り入れを制限する「債務ブレーキ」規定に抵触することが問題となっていたが、下院は今回、この規定の一時的な停止を認める案を可決した。

政府は光熱費高騰の影響を緩和するために、家庭や企業が支払うガス・電力料金に上限を設け、市場価格との差額を負担する計画。価格上限は企業に対しては来年1月、一般家庭には3月から適用を開始し、2024年まで継続する。また一時金の給付も予定している。一連の施策の資金は新規借り入れで調達し、コロナ禍で打撃を受けた企業支援を目的に設立した「経済安定ファンド(WSF)」を通じて拠出する予定だ。

債務ブレーキ規定では、構造的財政赤字の上限を対国内総生産(GDP)比で0.35%に定めている。ただこの規定は非常時には一時的に停止することが可能で、09年の欧州債務危機の際に初めてこの非常措置が適用された。また、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて20年にも再び一時停止された後、ロシアのウクライナ侵攻などを受けてそのまま継続されていたが、今回の決定でさらなる延長が決まった形だ。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー独首脳会談、EUの競争力協議(06/25)

コベストロ、身売り交渉入り ADNOCが1株62ユーロ提示(06/25)

副首相、中国に対露輸出停止要求=欧州製品(06/25)

コンチネンタル、ルーマニアに新生産施設(06/25)

エンジンのドイツ、軍事分野進出に意欲(06/25)

EUと中国、協議入りで合意=EV関税巡り(06/25)

アパレルのヒューゴ・ボス、欧州回帰を検討(06/25)

Ifo企業景況感、6月は悪化(06/25)

シーメンス・エナジー、サウジで火力発電(06/25)

BMW、LIB発注取り消し ノースボルト納品に遅れ(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン