• 印刷する

24日に立候補締め切り 与党党首選、候補者最大3人に

英国でトラス首相が辞任を表明したことを受け、後任を決める与党・保守党党首選が実施される。立候補希望者は、24日午後2時(現地時間)までに保守党の下院議員357人のうち100人以上の推薦を得る必要があるため、候補者は最大3人に絞られる格好だ。遅くとも28日には新党首が決定する見込み。

保守党議員委員会(1922年委員会)のブレイディー委員長は21日、立候補の受け付け開始を発表。24日の締め切り時点で推薦条件を満たす候補者が3人いれば、この日のうちに保守党議員の投票で2人に絞り込む。残った2人に対しては、28日まで一般党員を対象としたオンライン投票が実施され、同日に結果が発表される見通し。条件に適う候補者が1人であれば自動的に新党首が決まる。

21日時点で出馬表明者はいないが、スナク元財務相とモーダント下院院内総務、ジョンソン前首相の出馬が有力視され、保守党議員はそれぞれ支持の表明を開始。ラーブ前副首相兼法相らはスナク氏を支持している。一方、トラス内閣のリースモグ民間企業・エネルギー・産業戦略相とクラーク・レベリングアップ・住宅・コミュニティー相は、ジョンソン氏を支援すると報じられている。

市場調査会社オピニウム(Opinium)が21日に発表した世論調査では、スナク氏とモーダント氏が最終候補に残った場合、前者を支持すると答えたのは45%、後者は23%だった。一方、スナク氏とジョンソン氏の場合では前者が44%、後者が31%となった。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン