• 印刷する

EU、イランに追加制裁=露に武器提供で

欧州連合(EU)理事会は20日、イランがウクライナ侵攻を巡ってロシアを支援しているとして、同国に追加制裁を発動すると発表した。イランがロシアに自爆ドローン(小型無人機)を提供したとの証拠が集まったためで、問題の無人航空機(UAV)の開発と販売に携わった個人3人と1団体を制裁対象に加えている。

EU理事会は今回、ウクライナへの攻撃にイラン製のドローンが使われ、多くの犠牲者が出たことを強く非難。イランがロシアの軍事行動に力を貸している問題に対して、迅速にかつ断固とした措置を取ると説明した。今後もロシアのウクライナ侵攻を支援するあらゆる行動について、対応の手を緩めないと述べている。

ウクライナはかねて、ロシアからの攻撃にイラン製ドローンが使用されていると主張。EUはイランによるロシアへの武器提供の確証が得られれば、経済制裁に踏み切る考えを示していた。対象となった個人・団体はEUへの渡航が禁止され、資産が凍結される。

なお、EUの外相理事会は先に、服装規定に違反したとして逮捕された女性の死亡とこれを機に発生したデモの弾圧を巡り、イランの個人11人と4団体に制裁を科すことで合意。同制裁の対象には、イランの風紀警察や法執行当局、デモ鎮静化のためインターネットを遮断したザレプール通信情報技術相などが含まれている。[EU規制]


関連国・地域: EUロシアウクライナ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

半導体研究imec、25億ユーロの投資確保(05/22)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン