• 印刷する

ユーロ圏成長見通し引き上げ 第2四半期に予想外の伸び=IMF

国際通貨基金(IMF)は11日に発表した世界経済見通しで、ユーロ圏19カ国の2022年の域内総生産(GDP)が前年比3.1%拡大するとの見方を示した。第2四半期(4~6月)の伸びが予想を上回ったことを受け、前回7月時点の予想から0.5ポイント引き上げた。ただ来年には大幅な減速を見込み、中でもドイツとイタリアはマイナス成長に陥るとみている。

ユーロ圏主要国の今年の成長率予測を見ると、ドイツは1.5%と、前回予測から0.3ポイント上方修正。フランスは0.2ポイント引き上げ2.5%とした。イタリアも0.2ポイント上方修正し、3.2%の伸びを見込む。スペインは4.3%と、0.3ポイント引き上げた。英国は0.4ポイント上方修正し、3.6%の成長を予想する。

IMFは、第2四半期に観光業を主力とするイタリアやスペインを中心にGDPが予想外に伸びたことが、今年のユーロ圏経済の見通しを押し上げたと説明。また、米国と比べて金利がまだ低水準にあることや、欧州連合(EU)の復興基金による支援を背景に、年内の急減速は回避されるとみる。

ただ、来年はロシア産ガスの供給減や金融引き締め策が響き、ユーロ圏経済は大幅に減速すると予想。23年の成長率見通しは前回から0.7ポイント引き下げ、0.5%とした。中でもドイツとイタリアは、それぞれマイナス0.3%、マイナス0.2%に落ち込むとの見方を示している。

また、英国の来年の成長率見通しは0.3%と、0.2ポイント引き下げた。先に公表された補正予算の効果で成長率がやや押し上げられる一方、インフレ抑制は困難になる可能性があるとしている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EU、トップ人事で結論先送り=月内再協議(06/19)

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

金融商品の環境表示規則、EU当局が改革案(06/19)

ユーロ圏インフレ率、5月は2.6%=改定値(06/19)

定刻運行の中欧班列、長江デルタで初導入(06/19)

EUの中国EV関税、欧米メーカーに打撃も(06/19)

【ロシアはこう読め】東方シフト2.0とロシア極東・シベリアの行方(06/19)

独景気期待指数、6月は0.4ポイント上昇(06/19)

平和サミット、共同声明採択=90カ国超参加(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン