• 印刷する

ニーダーザクセン州議会選、SPDが勝利

ドイツ北西部ニーダーザクセン州で9日、州議会選挙の投開票が行われ、ショルツ首相率いる中道左派・社会民主党(SPD)が第1党を維持する見通しとなった。右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」と、国政でSPDと連立を組む環境政党・緑の党は大きく躍進。半面、同じく連立を組むリベラル派の自由民主党(FDP)は、議席を失う見込みとなった。

速報結果によると、SPDの得票率は33.4%で、2017年前回選挙の36.9%からやや低下した。これに続くのは国政で最大野党の中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)で、得票率は28.1%。こちらも前回の33.6%から落ち込み、過去60年超で最低の結果となった。

一方、緑の党は14.5%と5.8ポイント上昇。AfDは4.7ポイント伸ばし10.9%の票を獲得した。FDPの得票率は4.7%と、議席獲得に必要な5%を下回った。

ニーダーザクセン州首相として3期目に突入する見込みとなったSPDのシュテファン・ウァイル氏は、同州で連立を組むCDUとの連立樹立を否定。緑の党と組むことを目指している。SPDと緑の党だけで、獲得議席数は過半数となる見通しだ。

今回の州議会選は、エネルギー危機に対処するショルツ政権にとっての試金石と位置づけられていた。SPDと緑の党が好調な結果を残す一方、FDPが支持を落としたことで、3党が連立を組む国政の不安定化も懸念されている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン