OPECプラス、日量200万バレル減産へ

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は5日、ウィーンで閣僚級会合を開き、11月に日量200万バレルの減産を実施することで合意した。減産幅は世界需要の2%に当たり、2020年以来の大幅減産となる。世界的な景気減速への懸念が高まる中…

関連国・地域: EUロシア米国アフリカ中東
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア、露独立系TVの放送免許取り消し(12/08)

露原油生産量、1~11月は2.2%増加(12/08)

ロシア新車販売、11月は61.6%減少(12/07)

ウーシュ、IPOで4億ドルの評価を期待(12/07)

スロベニア、アフリカ産ガスをハンガリーへ(12/07)

OPECプラス、11月の減産幅を維持(12/06)

コマツ、露撤退は「現時点で考えず」=社長(12/06)

露産原油に価格上限を導入 EUとG7・豪が足並み=露反発(12/06)

伊政府、ルクオイル製油所の運営介入で政令(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン