【欧州航空・鉄道論】イノトランスで見た環境車両の行方 燃料電池車両に「待った」をかけた蓄電池車両

独ベルリンで9月20~23日、世界最大級の国際鉄道技術専門見本市「イノトランス(InnoTrans)2022」が開催された。13回目となる今回は、コロナ禍のあおりで4年ぶりの実施となり、世界中から訪れた業界関係者で大いににぎわった。本物の鉄道車両がずらりと並ぶことが特徴のこの催し…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【クルマの新時代】「ユーロ7」は反生産的か 排ガス試験の抜け穴ふさぐ欧州委の攻め(11/25)

フィンランド政府、超過利潤税の導入準備(11/25)

セルビア、コソボとの車両プレート問題解消(11/25)

半導体生産に430億ユーロ投資 EU加盟国、修正法案で合意か(11/25)

欧州議会、露を「テロ支援国家」に認定(11/25)

欧州商用車登録台数、10月は9.4%減少(11/25)

ステランティス、印で低価格EVの生産検討(11/25)

EUの大気汚染の早期死亡、20年は24万人弱(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン