独、ガス・電気料金上限設定に2千億ユーロ

ドイツ政府は9月30日、エネルギー価格の高騰を受けた総額2,000億ユーロの対策案を発表した。企業や家計への打撃を緩和する狙いで、ガス・電力料金に上限を設定する。資金は新規の借り入れによって賄う。これに伴い、10月1日に導入が予定されていたガス賦課金の徴収は取りやめる。…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独連立政権、発足から1年 国民の大半が一定の「満足」(12/09)

破綻のワイヤーカード、元CEOの公判開始(12/09)

4iG、独ラインメタルとIT合弁設立(12/09)

EnBW、シュターデのLNG基地と契約(12/09)

独、グリーン水素輸入へ初の入札開始(12/09)

独検察、テロ容疑で25人逮捕 極右活動家ら国会襲撃を計画か(12/08)

独マルカルト、ルーマニアにR&D拠点開設(12/08)

VW、本社工場のEV転換に4.6億ユーロ(12/08)

鉱工業生産、10月は0.1%減少(12/08)

DWS、事業売却含む戦略目標を発表(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン