• 印刷する

露産ガス価格の上限設定へ 9日の臨時会合で承認も=EU

欧州委員会のフォンデアライエン委員長は7日、ロシア産天然ガスの価格に上限を設ける案を提示した。電力価格の高騰を抑制するとともに、ロシアの輸出収入を減らす狙い。9日に開かれる欧州連合(EU)の臨時エネルギー相会合での承認を目指す。

同委員長は「ロシアによるガス市場価格の操作が電力市場にも影響を及ぼしている」と指摘。加えて、干ばつによる水力発電量の低下や、域内原発の多くが保守のため停止していることにより電力価格が高騰しているとし、4項目から成る緊急措置を提案した。

ロシア産ガス価格の上限設定案はその一つだが、狙いは「ロシアの収入を減らすこと」と説明している。

ただロイター通信によると、一部のEU加盟国はこれに反対している。エネルギー相会合の議長国であるチェコは、「解決策と言うよりも新たな制裁で、建設的提案ではない」とし、撤回を求めている。

ロシアのプーチン大統領はかねて、EUがガス価格に上限を設定すれば既存のガス供給契約を破棄し、供給を停止する方針を示している。

主要7カ国(G7)は6月、ドイツ南部エルマウ(Elmau)で開かれた首脳会議(サミット)で、ロシア産の石油・ガス輸入価格に対する一時的な上限設定を検討する方針を打ち出していた。うち石油については先に、取引価格に上限を設けることで合意がまとまっている。

フォンデアライエン氏は他にも、緊急措置として域内の電力消費量の削減目標の設定案や、電力価格上昇により高利益を得ているグリーン発電事業者の収入を制限する案、同様に高利益を上げている石油・ガス会社に資金拠出を求める案を提示している。[EU規制]


関連国・地域: EUロシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

EU、メタン排出規制法を承認=2030年から(05/29)

【中東欧ダイアローグ】中国系EVメーカーの進出が相次ぐハンガリー(05/29)

【今週の主な予定】5月28~31日(05/28)

G7、露凍結資産の活用に意欲=財相会合(05/28)

EU理事会、供給網デューデリ指令を採択(05/28)

ルーマニア国鉄、路線近代化に16億ドル(05/28)

極東―北欧間の海運コスト、3倍超に拡大(05/28)

欧州の心臓病死亡者、大気汚染対策で急減(05/28)

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン