• 印刷する

独政府、インフレ対策に650億ユーロ拠出へ

ドイツ政府は4日、インフレが国民の生活に与える影響を緩和するため、650億ユーロの支援策を発表した。財源はエネルギー企業の超過利潤への課税などで賄う方針。ロシアのウクライナ侵攻に伴い加速したインフレ対策の第3弾で、支援総額は950億ユーロに上る。

ショルツ首相によると、政府はガス燃料を使用しない方法で発電する企業を対象に課税する方針。ガス価格の高騰に伴い電力市場価格が上がることで、こうした企業は過剰な利益を得ているとしている。政府はこの税収を、一般世帯の電気料金の負担軽減に充てる計画という。

今回の支援策では他にも、公共交通機関の運賃に対する補助の継続に向け15億ユーロを割り当てる。また、年金受給者に300ユーロ、学生に200ユーロの一時金をそれぞれ支給する計画だ。さらに、住居手当の対象者を拡大するほか、エネルギー集約型企業への支援策も年末まで延長する。

政府は、インフレ対策の第2弾までに300億ユーロを拠出。燃料税の税率引き下げのほか、月額9ユーロで公共交通機関に乗り放題のチケットなどを導入してきた。ドイツのインフレ率は6~7月に減速したものの、8月には年率7.9%に再び加速している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン