• 印刷する

独、再生エネでの協力強化 デンマークと水素や風力発電で

ドイツのベーアボック外相とデンマークのコフォズ外相は26日、エネルギー分野などを巡る協力関係の強化で合意した。水素や風力発電、二酸化炭素(CO2)回収・利用・貯留(CCUS)技術への投資を促し、グリーン化を加速させる狙い。

両国は、発電と送電を組み合わせた洋上のプロジェクトをそれぞれの国と接続する計画。また、デンマークの水素需要が限定的である一方、ドイツでは脱炭素化に向け大きな需要が見込まれることから、2国間の水素輸送に向けたインフラ構築についても協議を進める。

洋上風力発電については、より緊密な提携の可能性を模索。近隣諸国と協力し、北海とバルト海における洋上風力発電能力を劇的に引き上げることを目指すという。

ベーアボック氏によると、バルト海はドイツ全体の石炭火力発電所の発電容量の2倍に相当する電力を生み出すことが可能。デンマークでは既に再生可能エネルギーが発電量の7割を占めており、ドイツにとって手本になるとしている。

両国は併せて、教育やデジタル化、医療、安全保障などの分野での協力拡大についても合意している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツデンマーク
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独ベルテルスマン、M6の売却計画を撤回(10/05)

RWE、脱石炭を2030年に前倒し(10/05)

EU、独政府のBASF水素生産支援を承認(10/05)

BMW、ガルプとスペインでEV充電網拡充(10/05)

シクスト、中国・BYDからEV10万台購入(10/05)

VW、各ブランドが上場準備を演習(10/05)

アステラス、パンセルナと再生医療研究(10/05)

RWE、米再生エネ社買収=カタールが支援(10/04)

バッテンフォール、北海で風力発電所建設へ(10/04)

褐炭発電LEAG、太陽光発電所の建設計画(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン