• 印刷する

独、グリーン経済移行を加速 気候変動基金から1775億ユーロ支出

ドイツ政府は27日、2026年までに気候変動基金から総額1,775億ユーロを支出することを閣議決定した。うち来年分は354億ユーロとする。ロシア産エネルギー依存から脱却し、グリーン経済への移行を加速させる方針だ。

リントナー財務相は「ロシアのウクライナ侵攻により、再生可能エネルギーの拡大や産業からの排出量の削減、水素分野の開発、電気自動車(EV)普及の推進などが緊急事項となった」と説明。気候変動基金からの支出では、建物のエネルギー効率を高める改修への支援に特に力を入れる。一方、電動モビリティー分野では充電インフラの整備を進めるほか、EVの購入補助金は段階的に削減する計画を示した。リントナー氏は「EVが市場競争により手頃な価格になると期待している」と述べた。

来年の支出の内訳は、約半分に当たる169億ユーロを建物のエネルギー効率を高める補助金に充てる。ただ、対象となるのは既存の建物だけで、新築物件には適用しない。このほかでは、◇電動モビリティーに56億ユーロ◇水素産業の拡大に40億ユーロ◇エネルギー集約型企業に対する支援に26億ユーロ――など。EVの購入補助金には23年に21億ユーロ、24年には13億ユーロを投じるが、対象は小型で安価なモデルとなる。

一方、向こう4年間全体では建物のエネルギー効率化に562億ユーロを投じるほか、水素産業の拡大と有害な排出の削減に約200億ユーロ、エネルギー効率の促進に約34億ユーロ、暖房システムの効率化に約38億ユーロをそれぞれ振り向ける。なお、再生可能エネルギー拡大のための課税は廃止するため、エネルギー価格の高騰による企業や一般家庭の負担は約480億ユーロ軽減されるという。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独リドル、ボスニアで物流センター着工(05/29)

独に債務ブレーキ緩和を提言 IMF「公共投資増やすべき」(05/29)

ABNアムロ、独プライベートバンクを買収(05/29)

スロベニア、独企業の投資先として人気首位(05/29)

製菓ハリボー、新工場の建設計画=独西部(05/29)

車いすのサンライズ、今夏にIPO実施(05/29)

医薬品容器ゲレスハイマー、米で工場拡張(05/29)

中国VW合弁、従業員削減へ=販売伸び悩み(05/29)

ポルシェ、中国ディーラーと「密に協力」(05/29)

バイエル、中国で健康消費品拠点を建設へ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン