【ニュース深掘り】原発大国ウクライナのエネルギー事情 EUとの関係強化にも一役

ウクライナは近年、ロシア産の化石燃料への依存を軽減するため、エネルギー源の多角化を進めている。中でも、原子力発電については早くから注力してきた。国内4カ所の原発には休止中のものも含め15基の原子炉が設置されており、2021年は国内発電量の半分以上を賄った。太陽光発電…

関連国・地域: EUウクライナ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

OPECプラス、日量200万バレル減産へ(10/07)

欧州委、STマイクロの伊工場支援を承認(10/07)

「欧州政治共同体」が初会合 エネルギー・安保で連携強化へ(10/07)

【欧州航空・鉄道論】イノトランスで見た環境車両の行方 燃料電池車両に「待った」をかけた蓄電池車両(10/07)

独とスペイン、ガス導管敷設に向け協力強化(10/07)

EU、労働者保護に向け最低賃金指令を採択(10/07)

EU、量子コンピューター6カ国に初設置(10/07)

ユーロ圏小売売上高、8月は0.3%減少(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン